ヘアアイロン

美容師オススメのヘアケア特化ヘアアイロン「radhiant(ラディアント)」

プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」28・35mmの詳細と違い

髪に優しく、ヘアケアに特化していると人気のヘアアイロン「radiant(ラディアント)」

このラディアントというアイロンは、企画の段階から美容師が制作に関わっていて、今はプロが使うアイロンとして全国でも多くの美容師さんが使用しています。

なかでも、縮毛矯正という高性能なヘアアイロンが必須の技術では、他のヘアアイロンとは一線を画した存在となっていると言って過言ではありません。

 

今回は、そんな魅力的なヘアアイロン「radiant(ラディアント)」を全種類解説していきます!

radiant(ラディアント)ってどうなの?

現役美容師であるヘアモノ管理人の意見としては『とても良いヘアアイロン』です!

 

くせ毛の専門家として毎日のように縮毛矯正をサロンワークでしているというちょっと特殊な美容師である僕は、一般的な美容師さんよりもヘアアイロンを触れている時間が段違いで多いです。

そんな僕がお客様に

オススメのアイロンありますか?

と聞かれた場合は9割以上このラディアントというヘアアイロンをオススメしています。

縮毛矯正をサロンワークでされている美容師さんは、ラディアントは絶対に買ったほうが良いヘアアイロンですね!

radiant(ラディアント)シリーズ通しての主な特徴とは?

数あるラディアントシリーズをそれぞれ紹介していく前に、ラディアントシリーズ通しての特徴を解説していきますね。

ラディアントがヘアケアに特化しているヘアアイロンと言われる理由は、

  1. 水蒸気爆発を起こさない「シルクプレート」を搭載
  2. MAX220℃に達するまで驚異の30秒
  3. 内蔵精密センサーにより安心の温度制御性能

主にこの3つがラディアントがヘアケアに特化したヘアアイロンだと言われる理由となります。

箇条書きでは分かりにくいので一つずつ解説していきますね。

水蒸気爆発を起こさない「シルクプレート」採用

ラディアントシリーズは「シルクプレート」という特殊なプレートを採用しています。

このシルクプレートの恩恵をまとめると

  • プレートの滑り滑らかで手の負担が少ない
  • 髪への物理的なストレスが少ない
  • 金属焼け(炭化現象)が起こりにくい
  • 毛髪に必要な水分はしっかりキープ

の4つのポイント。

 

詳しく解説していくと、このシルクプレートはテフロン系のシート加工が施してあり、プレートを髪にスルーさせる際の滑りを格段にアップさせています。

それによって、力を入れなくても髪にしっかり熱を効率的に入れることができ、且つ毛髪にかかる物理的なストレスも軽減。

 

テフロン加工されたシートにより、プレートの金属表面に直接毛髪が触れないため、毛髪の金属焼け(炭化現象)が少なく、毛髪に大切な水分の蒸発を極限させ、ダメージを大幅に抑えることが出来ます。

実際に、220℃にまで熱している状態に水がすぐに蒸発していかないんです!

不思議ですよね(笑)

 

通常であれば、熱したフライパンに水を吹きかければ「ジュッ」という音とともに瞬く間に水分が蒸発してしまいますが、ラディアントのシルクプレートでは水分が水滴となってプレートに乗るだけですぐに蒸発はしません。

とはいえ、高温に高めているプレートには変わりないので、ゆっくりとしたスピードで水が蒸発していく様子が見てとれます。

 

これによって髪内部の水分を残した状態で髪に熱を加えることができるので、髪自体の負担が軽減し、水分を残した状態を維持できるため、アイロン後も柔らかい質感を保つことができます。

時々ではなく、毎日使う方にはかなり重宝するヘアケアに特化した機能です!

MAX220℃に達するまで驚異の30秒

ラディアントシリーズは、ヒーター自体が精密センサーとなることで「センサーレス制御機能」を可能にしています。

そうすることで従来のアイロンよりもスピーディーで正確な温度の管理・制御が可能になるため、MAX220℃という高温にもわずか30秒もの時間で到達することができます。

 

基本的にヘアアイロンを使う場面というのは、朝の身支度の最中などあまり時間に余裕がない場面なのであっという間に温度が上がるのはとても助かりますよね。

ラディアントに慣れると他のアイロンが遅く感じてイラっとするのが難点(笑)

内蔵精密センサーにより安心の温度制御性能

ラディアントはヒーター自体が精密センサーとなっているので、他の一般的なアイロンよりも情報経由が少ないため超高速レスポンスでの温度制御が可能となっています。

その精密センサーの恩恵は

  • 設定温度を自動キープしてくれる
  • 30分動作がないと自動OFF

の2点。

 

ラディアントはプロの美容師さんがサロンワークで使用するように設計されたヘアアイロンなので、当然ながらセンサー機能が非常に優秀です。そして、超高速です。

縮毛矯正というくせ毛をストレートヘアにする技術のなかでヘアアイロンでの熱処理というのはとても重要な立ち位置にあり、1℃変われば仕上がりに差が出来てしまうほど繊細は施術。

美容師の立場からすれば、その設定温度を精密に、そして高速で制御してくれるラディアントは非常に頼もしい存在なんですよね。

 

それと、30分間ヘアアイロンを触らずにいれば、自動で電源をオフにしてくれる機能も備わっています。

サロンワークでは特に重要視する事柄ではないですが、ご家庭で使用することを考えると消し忘れの心配がなくなるのかなり安心安全に配慮された嬉しい機能です。

温度制御が正確でないとそれだけでサロンワークからは除外となるほど重要な要素なんです。

radiant(ラディアント)の口コミ紹介

良い口コミ

以前はヘアビューロンを使用していましたが、プレートとプレートの間に隙間があるため髪が挟めず全くダメで、色々と調べなおしてネットで評判の良いこちらのラディアントを購入しました。

その結果、きちんと髪を挟めますし、持ち手も持ちやすいしでめちゃくちゃ良い!

最初からこちらを購入しておけばよかった。。。私のように髪が多い、硬い、という方にオススメです。

10年以上使っていたストレートアイロンが壊れてしまったのでラディアントを購入。

写真だけだとプレート部分がザラザラした印象でしたが、ツルッとしていて滑りも良く、
今まで使っていたストレートアイロンも好きだったのですが、より簡単に早くストレートにできるように思います。

温度の上がるスピードが早いのと、30分で自動的に電源が落ちる仕様なので電源つけたままかもしれないと外出先で心配になることもなく嬉しいです。

はじめはちょっと大きいかな?と思いましたが、ちゃんと持ちやすくできています。

Lilyのくせ毛美容師の方が自身のブログでADST、絹女と共におすすめしていたので購入しました。

サロニアやヘアビューロンなど、安いのから高いのまで使ってきましたが、このラディアントはシルクプレートだからなのか髪が硬くなることも、ゴワゴワすることもなくとても綺麗に仕上がります。

Lilyのくせ毛美容師の方もブログでおっしゃっていたようにしっかり癖を伸ばしたい人にはADSTがいいかもしれませんが、自分のように細く柔らかい髪質の人には、このラディアントがおすすめかも。

個人的には、性能や価格抜きにしてなら、デザインだけでヘアビューロンを選びますが、髪のことや仕上がりを考えたら、ラディアントが一番良いと思います。

確かに初めてラディアント28mmを見たときは「でかっ」と思いましたが、製作段階で美容師の監修が入っているだけあって手の馴染みが良くて扱いのしやすさに驚きます。

サロンワークで縮毛矯正をしていると、30〜60分ほど連続でアイロンワークをすることになるので、ちょっとした扱いのしにくさがネックになるのですが、ラディアントはその辺もしっかり考慮されているアイロンです。

悪い口コミ

ネットとても良いと噂のラディアントを購入してみました。

早速、試そうとばかりアイロンを取り出すとアイロン部分あたりからカラカラと音がする。。。

使い心地は問題無く、カラカラと音がするだけ。それにしても、温まるの早いアイロンだねえ。

悪い口コミはネット上にもほとんどありませんでした。

上で言われているカラカラ音も元からの仕様となっているため、故障や粗悪品というわけではないのでご安心ください!

もし、ラディアントのこういう部分があまりよくなかったなと思うことがありましたらお聞かせください。

radiant(ラディアント)全ラインナップ

ラディアントシリーズは現段階で6種類のラインナップがあります。

ラディアントシリーズは、それぞれのアイロンがかなり個性的で尖った特徴がある面白いヘアアイロンなので一つずつ紹介させていただきますね。

radiant 28mm(ラディアント28mm)

radiant(ラディアント)の画像radiant(ラディアント)の画像radiant(ラディアント)の画像radiant(ラディアント)の画像radiant(ラディアント)の画像 28mmはその名前の通り、プレート幅が28mmに設計されています。

もし美容師ではない一般の方が「良いストレートアイロン」を探しているのであればこの「radiant 28mm(ラディアント28mm)」で間違いないでしょう。

美容師さんがサロンワークで使うラディアント最初の1本としてもこの「radiant 28mm(ラディアント28mm)」で間違いないです。

 

太くもなく細くもなく絶妙なプレート幅で、ベリーショートでなければどんな髪の長さでも対応することができるベーシックアイテムです。

radiant(ラディアント)の画像 僕が一番使用頻度の高いラディアントシリーズはこの28mmです!

radiant 35mm(ラディアント35mm)

radiant(ラディアント)の画像 35mmはその名前の通り、プレート幅が35mmに設計されています。

この広いプレート幅は一度に広い範囲に熱を置いていけるように設計されたもので、美容師がサロンワークでの自担やご自宅でのロングヘアのスタイリングに適した仕様となっております。

 

しかし、そのデメリットとして細かい仕事には向いていないので、少なくとも美容師ではない一般の方が自宅で使うには、ロングのストレートヘア限定と活躍の場面が限られてしまいます。

美容師さんがサロンワークで使う場合は、10cm以上の縮毛矯正のリタッチ幅がある場合には間違いなく施術時間は早まることでしょう。

 

そして、細かい部分もテクニックでカバー出来なくもないので時短を優先的に考えていたり、細かい部分は既存のヘアアイロンでどうにかする!という心持ちの場合はオススメのヘアアイロンです。

radiant(ラディアント)の画像

たった7mmの幅の違いですが時短効果は目を見張るものがありますよ!

created by Rinker
B next
¥27,000
(2020/09/18 18:23:20時点 Amazon調べ-詳細)

ラディアント28mm、35mmに関しては『プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」28・35mmの詳細と違い』にてより詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

radiant mini(ラディアントミニ)

radiant(ラディアント)の画像radiant(ラディアント)の画像 プレート幅は極細の9mmに設計されている細かい作業に適したヘアアイロンです。

 

美容師ではない一般の方が使うとすれば、女性のショートヘアやメンズに限定されます。

美容師さんがサロンワークで使用される場合は、同様に女性のショートヘア、メンズ、あとはもみあげや襟足、こめかみなどの細かい部分ではその真価を発揮します。

従来のヘアアイロンではこだわりきれないミリ単位の仕事がイージーに行えます。

縮毛矯正をよくされる方は、28、35mmいずれかのアイロンとこのミニはセットで活用していくことをオススメします。 radiant(ラディアント)の画像 radiant(ラディアント)の画像 細かい作業がびっくりするほどやりやすいです!

created by Rinker
ラディアント
¥25,300
(2020/09/19 17:05:23時点 Amazon調べ-詳細)

radiant W(ラディアントダブル)

radiant(ラディアント)の画像 プレート幅は18mmに設計されていて、プレートが本体からせり出しているというかなり変わったヘアアイロンです。

 

そして、このヘアアイロンはもう一つ変わった特徴があり、それはプレートを両熱、片熱とスイッチさせることができるんです。

どういうことが分かりますか?

従来はアイロンは全て両熱、髪を挟むプレートが両方熱くなりますよね。このヘアアイロンは片方のプレートにだけ熱を通すことができるという二つの個性が尖りまくったヘアアイロンなんです。

 

せり出したエッジの部分を使って髪にストレスをかけることが可能だし、片熱・両熱を切り替えて髪への熱の伝わり方を変えて曲げる・伸ばすというデザインの自由度がグッと広まるそんなヘアアイロン。 radiant(ラディアント)の画像 radiant(ラディアント)の画像 これは完全に玄人向けで、美容師ではない方が買う理由は全くないです(笑)

むしろ本体よりもプレートが外にせり出していることで火傷が心配なのでむしろオススメしません。

radiant R(ラディアントアール)

radiant(ラディアント)の画像 プレート幅21mmでかまぼこ型に変形したヘアアイロンです。

このヘアアイロンは、従来ならばまっすぐなプレートをかまぼこ型にすることでより丸みのある自然なストレートヘアを比較的簡単にメイク出来るようになりました。

これまでは技術力でカバーしていた部分がプレートをかまぼこ型に変形させることによって技術ハードルが下がり、他のことに目を向けよりクオリティを上げることできるとても良いアイロンです。

 

ただ、プレート形状がかまぼこ型ゆえに根元から熱を入れることはできず、中間から毛先がこのアイロンの持ち場となります。

使いどころが少ないヘアアイロンではあるので、中間から毛先をより自然に縮毛矯正をかけたい美容師さんにはオススメです。

 

このヘアアイロンもかなり玄人仕様のヘアアイロンになるので、美容師以外の方が使うアイロンとしてはちょっと微妙なところですね(笑)

ラディアント シルクプロヘアアイロン R

ラディアントミニ、アール、ダブルに関しては『プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」mini・R・Wの詳細と違い』にて、より詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

radiant lol(ラディアントロル)

radiant lol(ラディアントロル)はラディアントで唯一のカールアイロンです。

 

このカールアイロンは、プレートであるヘッド部分が取り外し可能な着脱式になっていて26mmと32mmの2種類のヘッドがワンタッチで交換可能な仕様となっております。

当然、ラディアントシリーズなのでプレート部分はシルクプレートを採用しており、髪にかける負担は最小限にとどめることが出来るので、コテでよくスタイリングするけど髪はなるべく傷めたくないという方にはオススメです。

radiant(ラディアント)の画像 radiant(ラディアント)の画像 ヘッド部分が交換することができるので、髪の長さが変わった時や巻きの強さを変えたい時もラディアントロル一台で賄えてしまえるのは良いですね!

まとめ

radiant(ラディアント)の魅力を知っていただけたでしょうか?

僕自身もサロンワーク中に「オススメのヘアアイロンは?」と聞かれれば十中八九ラディアントをオススメしています。

それほど優れたプロダクトであることは間違いありません!

 

基本的に美容師さんがサロンワークで使うように設計されたものなので、美容師ではない方が使うとすれば

  • 28mm
  • mini(ミニ)
  • lol (ロル)

の3点になるでしょう。

他のはあえて買う必要はないんじゃないかな?と思います。

 

ヘアアイロンで人気のADST(アドスト)、ヘアビューロン、サロニアなどと比べてみるとラディアントは総合的にポテンシャルが高いアイロンだと思います。

サロニアと比べれば高価ではあるけど、アドスト、ヘアビューロンよりは安価で、性能は申し分なし。

絶対に勝って損はしないヘアアロンだと断言できます♪

 

ラディアントシリーズ通しての特徴をおさらいすると、

  • 水蒸気爆発を起こさない「シルクプレート」を搭載
  • MAX220℃に達するまで驚異の30秒
  • 内蔵精密センサーにより安心の温度制御性能

の3つが主な特徴となっています。

 

ラディアントシリーズは皆個性豊かで、それぞれ使う用途が全く違ってくるのはここまで読み進めたあなたならお分かりになるはずです。

それぞれのヘアアイロンをもっと知りたい方は、それぞれ詳細の記事をご用意していますのでそちらをご覧ください♪

プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」28・35mmの詳細と違い
プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」28・35mmの詳細と違いプロ仕様のストレートアイロンで人気のラディアント 。サイズ展開は28、35mmの2タイプ。それぞれのメリットやデメリット、美容師のサロンワークでの使い分けは?家庭用として買うのならどちらがオススメかを解説していきます!...
プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」mini・R・Wの詳細と違い
プロ仕様ストレートアイロン「radiant(ラディアント)」mini・R・Wの詳細と違いプロ用人気ヘアアイロン「ラディアント」の個性派シリーズであるミニ、アール、ダブルの誰よりも詳しく解説。家用には使える?プロが縮毛矯正で使う際の使い分けを使いこなしている美容師が伝授!...

 

ちなみこのラディアントには、家庭用にリプロダクトされた「絹女」というヘアアイロンもあり、以下の記事で詳細にまとめているので気になる方はぜひ。

人気ヘアアイロン「絹女」の全ラインナップ、特徴、口コミ、評価。
人気ヘアアイロン「絹女」の全ラインナップ、特徴、口コミ、評価。美容師からの人気も高いストレートアイロン「絹女」。口コミも良い商品で使いやすく性能も高いのでおすすめ。ラディアントやW、miniなどの他のラインナップとの違いも比較しています。...

 

実際にラディアントを使ってみた感想なども是非是非コメントしてくださいね!

それでは。